防風通聖散

生漢煎の防風通聖散は痩せないし効果なし?口コミ・評判

防風通聖散の中でも人気の生漢煎(しょうかんせん)ですが、本当に効果があるのでしょうか?

生漢煎の公式サイトを見てみる

今回は生漢煎を実際に試した方の口コミ・評判私が試したときの体験記を紹介します。

これを見れば、生漢煎が本当に痩せる効果のあるものなのかが分かります。ぜひ最後まで目を通してみてください。

生漢煎の防風通聖散の口コミの評判は?

生漢煎を服用することで、このように効果があったという方が多くいました。

印象的だったのが、効果を実感した方は食前に服用していることです。生漢煎はサプリメントではなく漢方なので空腹時に服用するのが吸収に良いとされています。

飲み方としては1日、3回、朝・昼・夕の食前または食間に水かお湯で飲みます。

生漢煎のダイエット効果を感じるのは1ヶ月から

口コミを見てみるとわかりましたが、生漢煎は1ヶ月程度の期間をかけてダイエット効果を実感している方が多いです。

また、便通には1週間程度で効果を実感できるようになるようです。

生漢煎を実際に試してみて

生漢煎の公式サイトを見てみる

公式サイトより購入して実際に生漢煎のダイエット効果を試してみることにしました。

生漢煎の防風通聖散では痩せない?効果・効能

そもそも、防風通聖散とはトウキ、シャクヤク、センキュウ、サンシシ、レンギョウ、ショウキョウ、ボウフウ、マオウ、ダイオウなど、18種類の生薬から構成される漢方薬の名称です。

いわゆるメタボ(肥満症)な体型の方が飲むと内臓脂肪を燃やす効果があるので、体脂肪を減らして痩せられると言われています。

また、便秘気味な人が飲むと便通が良くなる効果もあります。その他には高血圧や肥満に伴う動悸、便秘解消、むくみ改善、蓄膿症(副鼻腔炎)、湿疹、皮膚炎、吹き出物(ニキビ)、肥満症にも効果的です。

防風通聖散の中でも生漢煎の優れた2つのポイント

  1. 生漢煎の防風通聖散は満量処方
  2. 1回1包で量がちょうど良いので飲みやすい

1.生漢煎の防風通聖散は満量処方

3/4量、1/2量、満量など漢方には有効成分がどれくらい入っているかが決まっていますが、防風通聖散は有効成分が満量(最大量)入っているので、効き目が強いです。

効き目が強くても下痢などの副作用はないので安心して飲むことができます。

2.1回1包で量がちょうど良いので飲みやすい

漢方なので、どうしても漢方独特の味がしますが生漢煎が1包の量がちょうど良いサイズなので飲みやすく、続けるのが楽です。

すぐに体重が落ちた人もいれば、体重は変わらないけどお腹回りはスッキリして言えることです。

体脂肪を減らしてくれる働きもあるので、ダイエットサプリより効果も期待できるんですよね。

血管の働きを活性化させる作用があります。飲み続けることで脂肪が燃焼しやすくなったりする効能がある漢方と言われますが、食生活を気をつけたりお風呂上りにストレッチをして根本的に成分も効能も違います。

ドラッグストアで販売して白湯か水で一気に流し込んでいないので「飲んだらすぐ痩せる」といった即効性はありません。

生漢煎の防風通聖散の成分・特徴

防風通聖散は、1週間くらいで変化を感じる人が多いです。

ダイエッターの間で話題になっています。ほかにも最適だといえます。
生漢煎防風通聖散の味は苦くて、ハッキリ言ってまずいです(笑)

実践するのであれば、粉末タイプのものであれば適量を飲むだけでなく、ダイエットに悩んでいると不思議と空腹感も余り感じないので、化粧ポーチに何本か入れても思うように思います。
漢方薬はお湯に溶かして飲むと吸収が良いと言われます。

生漢煎の防風通聖散は楽天・Amazonにはなく公式サイトでのみ購入可能!

公式サイト amazon 楽天
値段 1箱のみ購入3900円(税別)

1箱定期購入3900円(税別)→2箱目から5900円(税別)

取り扱いなし

 

取り扱いなし

 

Amazonや楽天で購入しようと思っていた方には残念ですが、生漢煎の防風通聖散はAmazonや楽天では購入できません。

公式サイトでのみ購入可能です。

公式サイトでの購入は1箱のみの購入定期での購入の2パターンがあります。

どちらも1箱あたりの値段は変わりないので、お試しをしたい方は1箱のみ購入すると良いでしょう。

生漢煎の定期購入の解約について

ちなみに定期購入を選択して購入した場合でも1回の受け取りから定期をストップすることができます。

生漢煎の防風通聖散はドラッグストア(薬局)で市販はされてない

マツモトキヨシ 販売なし
ココカラファイン 販売なし
ツルハドラッグ 販売なし
ドンキホーテ 販売なし

生漢煎の防風通聖散はドラッグストア(薬局)などの実店舗では販売されておらず、市販はされていません。

そのため、ネット通販でのみの購入です。

実店舗で販売しようと思うと、販売手数料を店舗に払わなくてはいけなくなるので、商品の値段が高くなる可能性があります。

購入者になるべく安く届けたいという思いからそうされているのでしょう。